Balade dans l'Art Roman en France

●アジャン AGEN Agen
アジャン  Agen
アジャンの歴史は古く、新石器時代より周辺地域に人々が居住していたそうです。ガロ・ロマンの遺跡も発見されていて、ローマの中規模の街としては珍しく、古代劇場や円形闘技場もありました。ボルドーとトゥールーズの中間に位置するガロンヌ川沿いの街として、アジャンの街ははじめ交易で、中世には商業、漁業、製粉業を中心に発展していきました。今日ではプルーンの生産で知られ、日本の街中でもアジャン産のプルーン(ドライ)を見かけます。

コンテンツ Contenus

1
カテドラル・サン・カプレ Cathédrale Saint-Caprais d'Agen

参考 Référencesとリンク Liens

その他の街の見どころ Autres points  à voir

アクセス Accès



カテドラル・サン・カプレ
Cathédrale Saint-Caprais d'Agen

伝承によれば、サン・カプレに捧げられたバシリカ型の最初の教会堂は、6世紀アジャン司教により創建されました。教会堂は853年にノルマン人により略奪され、その後修復されました。
教会堂は参事会管理教会となり、11世紀前半、貨幣鋳造の権利を得て繁栄します。そこで再建工事が12世紀に始まり、教会堂は1508年に完成しました。
宗教戦争時、1561年に教会堂は甚大な被害を受けます。革命時には教会堂は荒廃しました。旧カテドラルが破壊されたことを受け、1803年サン・カプレ教会がカテドラルとなります。

La tradition veut que la première  église dédiée  à  saint Caprais, en forme de basilique, a  été  fondée au début du 6e siècle par l'évêque Dulcide.  Elle a  été  saccagée par les Normands en 853, et puis restaurée.
Devenue collégiale, elle a prospéré en obtenant le droit de battre la monnaie dans le première moitié de 11e siècle.  Alors, la reconstruction a commencé  au 12e siècle, et l'église a  été   achevée en 1508.
En 1561, lors des guerres de Religion, l'église a subi de grands dégâts.  A la Révolution, elle a  été  dévastée.  En 1803, l'église est devenue cathédrale, après la démolition de l'ancienne cathédrale Saint-Etienne.  
アジャンのサン・カプレ大聖堂は、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」に位置する教会堂として、ユネスコ世界遺産に登録されています。

La cathédrale Saint-Caprais d'Agen est inscrite sur la liste du patrimoine mondial de l'UNESCO au titre des chemins de Saint-Jacques-de-Compostelle en France.


またこのサン・カプレ大聖堂は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

Elle est  également classée au titre des monuments historiques (MH).

サン・カプレはアジャンで生まれの隠修士で、この地でサント・フォワに少し遅れて303年に殉教しました。彼らはマルトルウ教会の場所に埋葬されたようです。伝承では、カプレはアジャン司教区を創設した人物とされます。
Saint Caprais, un ermite natif d'Agen, y a  été  martyrisé  en 303, peu après sainte Foy d'Agen.  Ils auraient  été  enterrés  à  l'emplacement de l'église du Martrou.  Selon la légende, Caprais serait le fondateur de l'évêché  d'Agen.

Extérieur

教会堂の現在のスタイルは、ロマネスクの後陣に、ゴシックの身廊が続きます。
カテドラルに昇格してから、教会堂には、特に内部にて数多くの工事が実施されました。

Aujourd'hui, l'église montre une architecture composite : le chevet roman se prolonge par un vaisseau gothique.
Après avoir  été  érigée en cathédrale, l'église a subi de nombreux travaux, notamment dans l'intérieur.
Façade  occidentale

Flanc sud


教会堂の南側は、1838-1847年の間に再建されました。


La façade sud a  été  reconstruite de 1838  à  1847.
Clocher

木造の鐘楼にかわり、四角のプランの現在の鐘楼が1835年に建てられました。この4層からなる鐘楼は、ランセット、レヨナン、フランボワイヤンといったゴシックのエレメントを見せています。

Remplaçant un ancien clocher en bois, le clocher carré actuel, a  été  édifié  en 1835.  De quatre  étages, il présente trois  éléments gothiques : gothique  à  lancettes, gothique rayonnant et gothique flamboyant.



Chapelle rayonnante d'axe

Chevet



後陣はロマネスク期のままです。巨大なアプスに、3つの放射状祭室がはりついています。
アプスは2層になっていて、半円筒型の開口部がある層の上に、更に小さな半円筒型の開口部がある層が見えます。各層の上部に、モディロンがついたコルニッシュがあります。
中央の放射状祭室の装飾は特に注目に値し、2層で構成されます。下層は3つの開口部があり、その上に美しい柱頭彫刻がある小円柱に支えられた半円筒型の連続アーチが並びます。この祭室の屋根の下にも、ロマネスク期のモディロンがついたコルニッシュが見えます。


Le chevet imposant est une des parties romanes.  La grosse abiside est flanquée de trois chapelles rayonnantes hémicirculaires.
L'abside se compose de deux niveaux : percé  des baies en plein cintre, le niveau inférieur est surmonté  du niveau percé de plus petites baies en plein cintre.  Chaque niveau couronne la corniche  à  modillons.
La chappelle axiale remarquable, est constituée de deux niveaux.  Au rez-de-chaussée, se trouve trois grandes baies en plein cintre.  Le niveau supérieur, est orné  des arcatures aveugles en plein cintre, qui tombent sur les colonnettes  à  chapiteaux sculptés.  On y trouve  également la corniche  à  modillons romans.



Modillons romans


後陣は人間や動物を表現した数多くのモディロンで装飾されています。但しアプスの下方のコルニッシュにあるモディロンには、彫刻は施されていません。

Le chevet est orné  de nombreux modillons sculptés représentant des figures humaines et animales.  Toutefois ceux de la corniche inférieure de l'abiside sont nus.





Intérieur

Plan

ラテン十字のプランに建つアジャンの大聖堂は、2ベイの単身廊、張り出したトランセプト、3つの放射状祭室が面したアプスで構成されます。この大聖堂のプランは、スイヤックのサント・マリー修道院教会やソリニャックのサン・ピエール・サン・ポール修道院教会のそれを想起させます。

La cathédrale d'Agen en croix latine, se compose d'une nef unique de deux travées, d'un transept saillant, et d'une abside ouvrant sur trois chapelles rayonnantes.  Son plan rappelle celui de l'abbatiale Sainte-Marie de Souillac ou celui de l'abbatiale Saint-Pierre-Saint-Paul de Solignac.


Nef

14・15世紀に建てられたゴシックの身廊は2ベイで、交差ヴォールトに覆われています。
ヴィヴィッドなカラーで彩られた内部の壁画と天井画は、19世紀に施されました。

Construite au 14e et 15e siècles sur d'anciennes fondations, la nef gothique est de deux travées voûtées d'arêtes.
Les peintures sur les murs et les plafonds aux couleurs vives de l'intérieur avec un goût contestable, ont  été  réalisées au 19e siècle.



Orgue

身廊の南側に設置されているオルガンは、1868年、ナポレオン3世の妻ウジェニーにより提供されたものです。

L'orgue monumental installé  à  côté  sud de la nef, a  été  offert en 1868 par l'impératrice Eugénie, épouse de Napoléon III.

Croisée du transept

13・14世紀、トランセプト交差部は、4つの巨大なピラーに支えられたロマネスク期のクーポルにかわり、交差ヴォールトで覆われました。ピラーは大きな尖頭型アーチを形成しています

Aux 13e et 14e siècles, la croisée du transept a  été  couverte de la voûte d'arêtes, en remplaçant la coupole du 12e siècle, soutenue par quatre gros piliers, qui forment de larges et puissants arcs brisés.





Croisillon sud
Croisillon nord


トランセプトの下の部分はロマネスクの時代のままですが、上部は13世紀に再建されています。
南翼廊は2層に分かれ、尖頭型の3つの連続アーチのの上に、バラ窓があります。一方北翼廊は3層で構成され、尖頭型の3つの連続アーチの上にゴシックのトリフォリウムがあり、更にその上に3つの開口部が並びます。
各翼廊には、半円プランの後陣祭室があります。


Les parties basses du transept reste roman, alors que les maçonneries hautes ont  été  reconstruites au 13e siècle.
L'élévation du croisillon sud est de deux niveaux.  Trois arcatures en arc brisé  au rez-de-chaussée, sont surmontées d'une rosace.  Celui nord se compose de trois niveaux.  Au-dessus de trois arcatures en arc brisé, abritant des baies, se trouve le triforium gothique, surmonté  de trois baies.
Chaque croisillon donne sur une absidiole hémicirculaire.



Absidiole sud : chapelle Saint-Sacrement

翼廊に面した2つのロマネスクの後陣祭室は、12世紀に建てられました。南の後陣祭室は、柱頭彫刻がある円柱に支えられた半円筒型の連続アーチで装飾されており、3つの半円筒型の開口部があります。
セミ・ドームの天井画は、イエス・キリストによる殉教者サント・フォワとサン・カプレへの戴冠を表現しています。

Deux absidioles romanes orientées, donnant sur les croisillons, datent au 12e siècle.  L'absidiole sud est ornée de l'arcature en plein cintre supportée des colonnes  à  chapiteaux sculptés, et percée de trois baies en plein cintre.
La peinture du cul-de-four représente le couronnement des martyrs, sainte Foy et saint Caprais par le Jésus-Christ.

Abside

12世紀に遡るロマネスクのアプスは、セミ・ドームで覆われています。
セミ・ドームの壁画には、この地方にキリスト教が根を下ろすまでのストーリーが綴られ、中央にはアジャンの最初の殉教者達が描かれています。また、福音記者、使徒、古代イスラエルの王、族長等の姿もあります。

L'abside romane voûtée en cul-de-four date du 12e siècle.
Les peintures sur le cul-de-four, représentent l'histoire de l'implantation du christianisme dans la région, avec une place centrale dédiée aux premiers martyrs agenais, ainsi que les évangélistes, les apôtres, les patriarches, les rois d'Israël, etc..



Trois chapelles rayonnantes

アプスは、半円プランの3つの放射状祭室に面しています。これら祭室にもセミ・ドームが架けられ、半円筒型の開口部があります。

L'abside s'ouvre sur trois chapelles rayonnantes hémicirculaires, couvertes en cul-de-four et percées des baies en plein cintre.


Chapiteaux

アジャンの大聖堂のロマネスク期に遡る柱頭彫刻は、ポワティエのサント・ラドゴンド教会トゥールーズのサン・セルナン大聖堂モワサックのサン・ピエール修道院の柱頭からインスパイアされているようです。聖人伝が刻まれた柱頭については、東方三博士、キリスト降誕、エジプトへの避難、イエス・キリストの神殿奉献等のテーマも見られます。

Les chapiteaux sculptés romans de la cathédrale d'Agen, s'inspirerait de ceux de l'église Sainte-Radegonde de Poitiers, de la basilique Saint-Sernin de Toulouse et l'abbaye Saint-Pierre de Moissac.  Sur les chapiteaux historiés, on trouve  également les Rois mages, la Nativité, la fuite en Egypte, la présentation au Temple, etc..

Martyr de saint Caprais
Feuillage et Agneau Pascal (tailloir)

                                                                                               




 参考 Références

※ウェブサイトについては、「関連・参考リンク」のページを参照して下さい。 Sur les sites d'internet, référez-vous la page "Liens".

 リンク Liens

Destination Agen http://www.destination-agen.com/

Découvrez Lot et Garonne https://www.guide-du-lot-et-garonne.com/fr/index.html

ville d'Agen http://www.agen.fr/

LOT-ET-GARONNE SUD-OUEST AQUITAINE http://www.tourisme-lotetgaronne.com/

L'Eglise en Lot et Garonne Diocèse Agen https://www.diocese47.fr/extranet/site/



 その他の街の見どころ Autres points  à voir

♦Eglise Sainte-Foy d'Agen エグリーズ・サント・フォワ・ダジャン

♦Eglise Notre-Dame des Jacobin d'Agen エグリーズ・ノートル・ダム・デ・ジャコバン・ダジャン

♦Chapelle Notre-Dame du Bourg シャペル・ノートル・ダム・デュ・ブール

♦Eglise du Martrou エグリーズ・デュ・マルトルウ

♦Tour de Chapelet トゥール・ド・シャプル

♦Tour des Pénitents blancs (ancienne  église Saint-Hilaire d'Agen) トゥール・デ・ペニタン・ブラン



 アクセス Accès

♦SNCFトゥールーズ・マタビオ駅 Gare de Toulouse Matabiauから、アジャン駅 Gare d'Agenまで、TGV又はICで約1時間、TERで約1時間20分。

♦トゥールーズ・バスターミナル Gare routière de Toulouseから、アジャン・バス・ターミナル Gare routière d'Agenまで、ISILINESで約1時間50分。

♦SNCFボルドー・サン・ジャン駅 Gare de Bordeaux Saint-Jeanから、アジャン駅まで、TGV又はICで約1時間5分、TERで約1時間25分。

♦ボルドー・バス・ターミナル Gare routière de Bordeauxから、アジャン・バス・ターミナルまで、ISILINESで約2時間。

アジャンの街は歩いてまわることができます。