Balade dans l'Art Roman en France

●クリュニー CLUNY 1 Cluny 1
クリュニー  Cluny 1
クリュニーの街の歴史は、修道院創設に始まります。中世キリスト教修道院の強大な勢力を誇り、第二のローマとも呼ばれました。

コンテンツ Contenus

1
アベイ・サン・ピエール・エ・サンポール Abbaye Saint-Pierre-et-Saint-Paul deCluny

2
エグリーズ・サン・マルセル Eglise Saint-Marcel de Cluny

3
ミュゼ・ドシエ Musée d'Art et d'Archéologie ou Musée d'Ochier

参考 Référencesとリンク Liens

アクセス Accès



アベイ・サン・ピエール・エ・サンポール
Abbaye Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Cluny

全長約187メートル、ローマのサン・ピエトロ大聖堂が建てられるまでは、最も大きな教会でした。フランス革命後大半が破壊され、クリュニーVで現存する部分は8%程度です。
ブルゴーニュ・ロマネスクの傑作とされます。
「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に登録されています。

L'abbaye Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Cluny est classée au titre des monuments historiques (MH).

実際に遺跡を歩いてみて、これが僅か建物全体(完成時)の1割にも満たないことを思うと、最盛期の繁栄の様子が想像を超えることに気づきます。

■Eglise abbatiale

Clocher de l'eau Bénite、Clocher de l'Horloge etMur de la nef

Cluny Vで現存しているのは、僅か大トランセプトの南側翼廊とそこから聳える二つの鐘楼、そしてその辺りの身廊の僅かな壁のみです。尚、Cluny Vには、トランセプトが2つありました。

はじめてクリュニーの地に修道院が建てられたのは、910年のことです。法王直下の元に創建され(Cluny A)、この時修道士は12人しかいませんでした。927年に建てられた修道院教会はCluny Tと呼ばれます。この当時のものは何も残されていません。

すぐにこの修道院は名声を得、10世紀半ばには修道院教会は拡張されます。この時建設されたものは、Cluny Uと呼ばれ、Cluny Tの傍に(Passage Gailéeの辺り)建てられます。(Cluny Uは18世紀まで残っていました。)

修道院は更に発展を続け、最も巨大な教会を建てようと、Cluny Tを取り壊し、Cluny Vの建設が1088年から始まります(献堂は1130年)。最盛期には修道士の数は2万人にも上りました。
しかしシトー会の台頭に、クリュニー会の衰退が始まり、修道院は財政難に陥り、12世紀後半には工事は中断されてしまいます。その後工事は再開されるものの、ゴシックの時代には殆ど特筆すべきものは残っていません。


Coupole sur trompes
Croisillon sud du grand transept
クーポルはトロンプ技法によります。高さは32.20メートルもあります。
縦構造は三層からなり、大アーケードの上にトリフォリウム、さらに高窓と続きます。これはブルゴーニュ・ロマネスク建築のひとつの特徴です。


Piliers cruiciformes de l'avant-nef

 Mur du Bas-côté  de l'avant-nef
玄関廊にあたる前室にあった、十字型の柱の跡が残っています。前室だけで5ベイもありました。
前室の側廊の壁の跡です。この辺りから翼廊の辺りに目をやり、完成時のこの巨大な教会堂をイメージすると、唯々その規模に驚くばかりです。巡礼者がナルテックスから入り、聖遺物が祀られた放射状祭室に辿り着くまで、どれ程の時間がかかったのでしょうか。


Maquettes

修道院教会内部に展示されている模型から、Cluny Vの全体像を知ることができます。
内部は全て石のヴォールトで覆われ、約1200もの柱頭彫刻と壁画で溢れかえっていたそうです。

また、Salle de cinémaにて、Cluny Vの現在失われてしまった部分を含む全体像を3Dフィルムで再現しており、ヴァーチャルで体験できます。

■D'autres bâtiments abbatatiaux : Farinier "Musée lapidaire"
見事な木造の屋根がみられる、かつての穀物庫の2階は、現在展示室になっています。Cluny Vを飾っていた、12世紀初めに制作された柱頭彫刻を中心に展示されています。

■Chapiteaux


Les premier tons du plain-chant
Les premier tons du plain-chant
Les premier tons du plain-chant

Les quatre fleuves du Paradis
Les quatre fleuves du paradis
Les quatre fleuves du Paradis

Les quatre fleuves du Paradis
Les quatre vents
Corinthien

Les Saisons et la Prudence
Les Saisons et la Prudence
Les Saison et la Prudence

Les vertus
Les vertus
Les vertus

■D'autres bâtiments abbatatiaux : tours


Tour de Fromage

Tour ronde
最も古い塔で、建設は部分的に11世紀初めに遡ります。内部は登ってクリュニーとその周辺の景色を楽しむことができます。

修道院敷地の東北の端にあります。1220年頃建てられました。





エグリーズ・サン・マルセル
Eglise Saint-Marcel de Cluny

クリュニーの街の中、修道院から数百メートル離れたところにあります。単廊式のバシリカ型の教会です。
「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に登録されています。

L'église Saint-Marcel de Cluny est classée au titre des monuments historiques (MH).




内陣、後陣、鐘楼が、12世紀当時の姿を残しています。
三層からなる八角形の鐘楼がトランセプト交差部より伸び、後陣のシルエットはコンパクトながら美しいプロポーションです。