Balade dans l'Art Roman en France

●ポワティエ POITIERS 1 Poitiers 1
ポワティエ  Poitiers 1
紀元前50年頃にカエサルがガリアの地に侵攻した時には、既にこの地にケルトの街が形成されていました。ポワティエは中世より大学都市として発展する一方、史上度々大きな戦禍に見舞われています。732年にウマイヤ朝のイスラム軍がこの地にまで攻め上ってきたことは本当に驚くべきことであり、1356年のイングランドのプランタジネット朝とフランス・ヴァロワ朝との間で起こったポワティエの戦い(百年戦争)は、あまりにも有名です。

コンテンツ Contenus

1
エグリーズ・ノートル・ダム・ラ・グランド Eglise Notre-Dame la Grande de Poitiers

2
エグリーズ・サン・ティレール・ル・グラン Eglise Saint-Hilaire le Grand de Poitiers

3
バティステール・サン・ジャン Baptistère Saint-Jean de Poitiers

4
エグリーズ・サント・ラドゴンド Eglise Sainte-Radegonde de Poitiers

5
エグリーズ・サン・ポルシェール Eglise Saint-Porchaire de Poitiers

6
アベイ・サン・ジャン・ド・モンティエールヌフ Abbaye Saint-Jean de Montierneuf de Poitiers

7
エグリーズ・サン・ジェルマン Eglise Saint-Germain de Poitiers

8
ミュゼ・サント・クロワ Musée Sainte-Croix

参考 Référencesとリンク Liens

アクセス Accès



エグリーズ・ノートルダム・ラ・グランド
Eglise Notre-Dame la Grande de Poitiers

この教会堂が初めて古文書に登場するのは924年です。この時教会堂は「Sancta Maria Major」という名で、参事会管理教会であり教区教会でもありました。この8世紀に建てられた教会堂はカロリング朝風の建物で、更にそれ以前にはこの場所にガロ・ロマン時代の寺院が建っていました。
現存の教会堂の建設は11世紀初めに始まり、教会堂は1086年に聖別されます。その翌年、「Notre-Dame la Grande」と名付けられます。12世紀初め、教会堂は西側に手を加えられ、身廊は長くなり、現存の「Façade-écran」と呼ばれるファサードが完成します。

L'église est premièrement mentionnée sous le nom de Sancta Maria Major dans un texte de 924.  Elle  était  à  la fois une collégiale et une paroisse.  Cette ancienne  église carolingienne, a  été  bâtie au 8e siècle sur l'emplacement d'un temple gallo-romain.
La construction de l'église actuelle a commencé  au début du 11e siècle et elle est consacrée en 1086.  A l'année suivante, l'église est nommée "Notre-Dame la Grande".  Au début de 12e siècle, l'église a  été  remaniée : l'allongement de la nef et la réalisation de la façade-écran.
ポワティエのノートル・ダム・ラ・グランド教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

L'église Notre-Dame la Grande de Poitiers est classée au titre des monuments historiques (MH).

ポワトゥ・ロマネスクを代表する教会堂です。最大の見どころは、「Façade-écran」と呼ばれるファサードでしょう。クリスマス休暇と夏季の夕べ、プロジェクション・マッピングによる光のショーで、ファサードはカラフルに彩られます。
C'est une église emblématique du roman poitevin.  Ce qui nous intéresse le plus, est probablement la façade-écran.  Pendant les vacances de Noël et en  été, on peut admirer, chaque soir, la façade illuminée et colorée par le mapping vidéo.

■Extérieur

この教会堂は凡そ幅13メートル、長さ57メートルというヴォリュームです。かつて教会堂の北側には回廊が、南側には参事会室がありました。プランについてはラテン十字ではなく、トランセプトはありません。また、身廊と後陣との軸がややずれています。

Cette  église fait environ 57 m de long sur 13 m de large.   A l'origine, l'église jouxtait un cloître au nord et une salle capitulaire au sud.  Elle n'a pas la forme en croix latine, sans transept.  Et aussi l'abside est légèrement désaxée  par rapport  à  la nef.


11世紀に建設される前の教会堂は、西端にはClocher-porcheがありました。しかし12世紀初め、このClocher-porcheは取り壊され、身廊に2ベイが付け足され、有名なファサードが1115−1130年頃に造られました。

Avant la reconstruction du 11e siècle, l'ancienne  église s'était terminée un clocher-porche  à  l'ouest.  Au début de 12e siècle, ce clocher-porche a  été  démoli, deux travées sont ajoutées  à  la nef, et la célèbre façade actuelle a  été  enfin réalisée vers 1115-1130.



Portail sud gothique

Portail sud roman
南側に2つの入り口があります。ファサード近くにある入り口は、ゴシック・フランボワイヤンスタイルで、聖母マリア、サント・ラドゴンド、サン・ティレールの彫像がありました。
もうひとつの入り口はロマネスク様式で、かつて2層になっており、そこにコンスタンティヌス1世の騎馬像がありましたが、これは1562年ユグノーにより破壊されました。上層は現在テラスになっています。ロマネスクの玄関廊は、1890年に修復されました。
On trouve deux portails au flanc sud.  L'un près de la façade est de style gothique flamboyant.  On y trouvait les statues de la Vierge, de sainte Radegonde et de saint Hilaire.
L'autre portail roman avait  à  l'origine deux niveaux.  On trouvait au deuxième niveau une statue  équstre de Constantin, détruite par les Huguenots en 1562.  Ce niveau a  été  remplacé  par une terrasse.  Le porche roman a  été  restauré  en 1890.


窓の周りやバットレスに装飾はみられません。


On ne trouve aucun décor autour des fenêtres ou sur les contreforts.


Clocher

身廊の最後のベイから聳える鐘楼は、11世紀に遡ります。3層からなり四角形のプランではじまります。最下層は壁面がアーケードで装飾されていて、次の層には半円筒型の開口部があります。最上層は円形になっていて、2つ一組のアーケードが見えます。小円柱の柱頭には全て彫刻が施され、各層の上部はモディロンで装飾されています。南東側には小さな塔が更についています。
鐘楼は1910年代に修復されました。

Le clocher datant du 11e siècle, s'élève sur la dernière travée de la nef.  Il compte trois  étages  à  base carrée.  Au-dessus du niveau d'arcades aveugles, on trouve le deuxième niveau avec des baies cintrées.  Le dernier niveau est circulaire et on voit des arcades géminées.  Toutes les colonnettes sont décorées de chapiteaux sculptés, et les bandes  à  modillons décorent en haut de chaque niveau.  Une tourelle accoste au sud-est.
Le clocher a  été  restauré  dans les années 1910.


Pomme de pin

鐘楼の覆いは表面が鱗状になり円錐形をしています。「Pomme de pin(ポム・ド・パン:「松かさ」の意)」とも呼ばれるこのスタイルは南西部でよく見られ、19世紀の建築家らにより採用されました。ペリグーのサン・フロン大聖堂アングレームのサン・ピエール大聖堂等でこのフォルムが見られます。


Le clocher couronne d'un toit en poivrière en  écailles.  Ce type de couverture, parfois qualifiée de "pomme de pin", frequent dans le Sud-Ouest, a  été  souvent copié  par les architectes du 19e siècle.  Il se trouve par exemple a  la cathédrale Saint-Front de Périgueux, la cathédrale Saint-Pierre d'Angoulême, etc..


Chevet

Flanc nord
後陣はイレギュラーなスタイルで祭室が5つあります。うち2つは放射状祭室で、他の3つは個人の祭室(内陣の北東側に1421年に建設されたChapelle de Jean de Torsay、北側にChapelle Fume、南側に1475年建設のChapelle d'Yvan du Fou)です。
北側には12・13世紀に遡る回廊がありましたが、市場建設のため、1859年に全て壊されました。回廊を飾っていた彫刻は、教会堂の向かいにあるポワティエ大学の法学部構内とミュゼ・サント・クロワで観ることができます。
Au chevet, on voit cinq chapelles : deux chapelles rayonnantes et trois chapelles privées datant du 15e siècle (chapelle de Jean de Torsay au nord-est du choeur en 1421, chapelle Fume au nord, et chapelle d'Yvan du Fou au sud en 1475).
Le cloître datant des 12e et 13e siècles, qui se situait au nord, a  été  totalement démoli en 1859 pour construire les halles.  Les sculptures du cloître sont visibles dans la cour de l'université  de droit en face, et au musée Sainte-Croix.
全ての個人の祭室は、ゴシック・フランボワイヤン又はルネサンス・スタイルで、天井はオジーヴ・ヴォールトで覆われています。これらはポワティエの大商人らにより建設されました。
1500−1531年の間、北の側廊に面した6つの祭室(Chapelles des Potier、des Fresneau、des Citoys、des Bardeau、d'Amboise、des Gillier du Puygarreau)が建てられました。
Toutes les chapelles privées sont de style gothique flamboyant ou Renaissance, et voûtées d'ogives.  Elles appartenaient aux familles marchandes de la ville.
En 1500-1531, six chapelles privées ouvrant sur le bas-côt é  nord, sont construites (chapelles des Potier, des Fresneau, des Citoys, des Bardeau, d'Amboise, et des Gillier du Puygarreau).

Façade-écran

12世紀に遡るファサードは、ポワトゥ・ロマネスクのスタイルで、「ファサード・エクラン Façade-écran」と呼ばれます。その特徴には、スクリーン或いはカンヴァスに見立てた平面的なファサードが豊かな彫刻で装飾されていること、両脇に小塔があり、ファサードは身廊より高く造られていること等が挙げられます。

La célèbre façade du 12e siècle en style roman poitevin, est qualifiée de "façade-écran".  Cela se caractérise de l'abondance de la décoration sculptée sur la façade plate, considérée comme l'écran ou le canevas, de deux tourelles encadrant la façade, qui est plus haute que l'édifice, etc..  


このスタイルは南西部、特にポワトゥ、サントンジュ、オーニで広がりました。このタイプのファサードは、メルのサン・ティレール教会やサン・ジュアン・ド・マルヌ修道院教会、アングレームのサン・ピエール大聖堂サントの修道院教会シュルジェールのノートル・ダム教会等にて見ることができます。

C'est le style répandu au Sud-Ouest, notamment en Poitou, Santonge et Aunis.  On retrouve ce type de composition  à  l'église Saint-Hilaire de Melle,  l'abbaye de Saint-Jouin de Marnes,  la cathédrale Saint-Pierre d'Angoulême、l'abbaye aux Dames de Saintes、l'église Notre-Dame de Surgères etc..  


ファサードは横幅に対してあまり高さはありません。幅約15メートルに対し、高さは約18メートルです。ファサードは大きく分けて3層から構成されます。1992-1995年にファサードは修復されました。

La façade occidentale paraît peu  élevée par rapport  à  sa largeur : elle fait environ 18 m de haut sur 15 m de large.  Elle présente une  élévation  à  trois niveaux, grosso mode.  Elle a  été  restaurée en 1992-1995.







Annonciation
Visitation



ファサードの作品は少なくとも2つのアトリエにより制作されたとされます。一つは「受胎告知」に見られる、身体の動きや服の襞に特色があるアトリエ、もう一つは「エリザベト訪問」にあるように、静止した全体として平らな印象の作品を制作したアトリエです。彫像は制作されてから、ファサードに取り付けられました。

On distingue l'oeuvre de la façade d'au moins deux ateliers de sculpture : l'un avec un goût pour le mouvement et les plis, visible dans l'Annonciation par exemple, et l'autre avec un travail plus statique, en aplats, visible dans la Visitation.  Les sculptures avaient  été  réalisées avant le montage de la façade.


Au sommet : la Parousie


最上層には、「キリスト再臨」が表現されています。マンドルラの中のキリストはテトラモルフ(四福音記者ののシンボルの組み合わせ形像)に囲まれ、太陽と月を戴いています。


Au dernier niveau, composé d'un pignon, on voit " la Parousie" : le Christ debout dans une mandorle, entouré du tetramorphe et surmonté du soleil et de la lune.



宗教戦争時の1562年、ユグノーはファサードを飾る大半の彫像の首を落としてしまいました。


En 1562, les Huguenots ont décapité  la plupart des statues de la façade.

Douze apôtres et deux  évêques

2層目には中央に半円筒型の大きな開口部があります。その両脇には14の小さなアーチがあり、その下に12使徒と2人の司教(サン・ティレールとサン・マルタン)の彫像が見られます。アーチや柱頭等にもしっかり彫刻が施されています。


Une grande baie cintrée domine le deuxième niveau massif.  A ses côtés, les quatorze arcs contiennet les statues de douze apôtres et celles de deux évêques (saint-Hilaire et saint Martin).  Les arcs et les chapiteaux sont aussi sculptés sans oublier.


Frise


入り口の上に、レリーフのあるフリーズがあります。新旧訳聖書から選ばれた題材は、原罪から人類を救済するために、神がイエス・キリストという人間の姿で地上に現れるまでの物語を綴っています。これは「受肉のフリーズ」とも呼ばれます。


Au-dessus du portail, on peut observer la frise de haut-reliefs.  Les scènes prises dans l'Ancien et le Nouveau Testament, racontent l'annonce et la venue de Dieu sur terre en personne de Jésus-Christ pour sauver l'humanité  du péché  originel.  Elle est parfois appelée la "frise de l'Incarnation".
Frise: partie gauche

左から右に
-原罪(アダムとイヴ)
-バビロニア王ネブカドネザル2世
-預言者ダニエル、モーゼ、イザヤ、エレミヤ
-受胎告知
-エッサイの樹
-ダビデ王

De gauche à droite :
-le péché originel (Adam et Eve),
-Nabuchodonosor, roi de Babylone,
-les prophètes Daniel, Moïse, Isaïe et Jérémie,
-l'Annonciation,
-l'Arbre de Jessé,
-le roi David jouant de la harpe


「受胎告知」の辺りで、このファサードがかつて多色で色塗られていた痕跡を見ることができます。これはロマネスク期ではなく、中世末のもののようです。

Autour de la scène de l'Annonciation, on trouve des traces de polychromie et d'inscriptions peintes.  Elles ne seraient pas de la période romane, mais de la fin du Moyen Age.


1992−1995年の修復工事の際に、この複数の色で塗られていたという痕跡が発見されたことにより、中世の時代にファサードは多色で彩色されていたという仮説は確かなものとなりました。これをきっかけに、ファサードの光のショーが始まりました。

La restauration en 1992-1995, a permis de retrouver ces traces de polychromies et confirmer l'hypothèse d'une façade polychrome au Moyen-Age.  Désormais, le spectacle des polychromies de la façade a commencé.

Frise: partie droite

左から右に
-シナゴーグ(ナザレの街)
-エリザベト訪問
-教会堂(エルサレムの街)
-キリスト降誕
-幼子キリストの沐浴
-サン・ヨセフ(ナザレのヨセフ=マリアの夫)
-天使とヤコブの闘い

De gauche à droite :
-la Synagogue (la ville de Nazareth),
-la Visitation,
-l'Eglise ( la ville de Jérusalem ),
-la Nativité Jésus,
-du Bain de l'Enfant Jésus,
-saint Joseph,
-la lutte entre Jacob et l'Ange (sous Joseph)

フリーズは、1層目と2層目を分けるコルニッシュの下に続く小さな連続アーチで装飾されています。このファサードを埋め尽くすかのような豊かな彫刻装飾に見とれてしまうことでしょう。

La frise est parée d'arcature sous la corniche séparant le premier niveau du deuxième.  On doit contempler  à  une abondance de décorations sculptées, qui comblent  à  profusion la façade.

Portail cental

1層目の中央に、半円筒型の入り口があります。アーキヴォールトは4層からなり、それぞれ異なるモティーフが彫刻されています。


Au centre du rez-de-chaussée, on trouve le portail en cintre.  Quatre voussures sont différement sculptées.



Portail aveugle nord


中央の入り口の南北両脇に、尖頭型のアーチがあります。アーキヴォールトは2層になっており、その下に更に、半円筒型の小さな連続アーチがあります。


Les portails aveugles en arc brisé, entourent le portail central.  Ils envéloppent chacune deux arcatures aveugles en plein cintre sous deux voussures.


Portail aveugle sud



Deux tourelles


ファサードの両脇には2つの小塔があります。これらの頂上の覆いもまた、鐘楼のように、表面が鱗のようになった円錐形をしています。これら小塔もまた、モディロンと柱頭でしっかりと装飾が施されています。

Aux côtés de la façade, s'élèvent deux tourelles, qui sont aussi couronnées d'un toit en poivrière en  écailles, comme le clocher.  Ici aussi, ne manquez pas d'observer la décoration riche avec des modillons et des chapiteaux sculptés.

Tourelle nord

Tourelle sud





■Intérieur

Nef

11世紀に建設された身廊には直接採光されないため、とても暗いです。
8ベイからなる身廊は、やや平たい半円筒型のヴォールトで覆われています。西側の2つのベイは他のベイに比べて大きくなっています。
縦構造については二重アーチのついた大アーケードの一層のみです。また、身廊と側廊の天井の高さは同じです。この縦構造が1層のみで、身廊と側廊が同じ高さである建物は、広間式教会堂と呼ばれます。

Du 11e siècle, la nef est assez sombre en raison de l'éclaillage indirect.
La nef de huit travées, est couverte d'une voûte en berceau légèrement aplati.  Les deux premières travées de la nef sont plus longues que les autres.  
Elle ne comprend qu'un niveau  à  grandes arcades  à  double rouleaux.  Et la nef et les bas-côtés sont de même hauteur.  Cette structure d'une seule  élévation et de la hauteur  égale, est qualifiée de l'église-halle.


大アーケードは四面に半円柱がついた四角柱に繋がっています。身廊に面した半円柱は、ヴォールトまで伸びています。また、身廊とアプスの中心軸は少しずれています(アプスは北に少し傾いています)。

Les grandes arcades reposent sur les piliers, que les demi-colonnes flanquent sur les quatre faces.  Les demi-colonnes donnant sur la nef, s'élévent jusqu'à  la voûte.  L'abside est légèrement désaxée par rapport  à  la nef : l'abside s'incline un peu vers le nord.


1851年の修復工事の際、内部は色が塗り直されました。特に円柱とヴォールトはビザンティン風に彩色されました。この図柄や彩色があまりに大胆であったため、工事終了後すぐに批判に晒されました。とはいえ、これはロマネスクの時代の雰囲気を想起させてくれます。概ねロマネスクの教会堂は多色で彩られていました。

Lors de la restauration en 1851, l'intérieur a  été  repeint, notamment les colonnes et les voûtes avec motifs romano-byzantins.  La hardiesse de ces peintures fantaisistes a  été  très critiquée dès l'époque.  Toutefois elles rappellent plus facilement l'atmosphère  à  l'époque romane : les  églises romanes  étaient habituellement colorées en polychromie.







Bas-côté nord
Bas-côté



側廊の天井には交差ヴォールトが架けられており、身廊とほぼ同じ位の高さです。これはポワトゥ地方及びサントンジュ地方のロマネスク建築における特徴のひとつです。
北の側廊には16世紀に遡る祭室があるため、教会堂内部はより一層暗くなってしまっています。


Les collatéraux voûtés d'arêtes sont presque aussi hauts que la nef centrale.  C'est une des caractéristiques dans l'architecture romane en Poitou et Saintonge.
Les chapelles latérales au nord, baties au 16e siècle, assombrissent considérablement l'intérieur.



Coupole sur trompes


身廊の最東端のベイに、八角形のトロンプ技法によるクーポルがあります。この上に鐘楼が聳えます。


A la denière travée de la nef, on trouve une coupole octogonale sur trompes, sur laquelle le clocher s'élève.


Choeur

Fresque du choeur
内陣はコリント式の柱頭がある6本の円柱で囲まれています。天井にロマネスクのフレスコ画が残ります。

ロマネスクのフレスコ画は、1852年に修復されました。それ以来色はややぼかされています。19世紀のこの作業はオリジナルのフレスコ画を台無しにしてしまいましたが、それでもあまり表現されることがないヨハネの黙示録の場面を識別することができます。

中央には栄光のキリストが表され、その下にはマンドルラの中の聖母マリアの母子像、キリストの上には、神秘の子羊が描かれています。そしてこれらの周りには、使徒、天使、選ばれし人々の姿があります。

人物のポーズや構成が似ていることから、今日専門家らは、この内陣のフレスコ画がファサードの彫像のモデルとなったと考えています。
Le choeur forme un rond-point composé  de six colonnes  à  chapiteaux corinthiens.  Les fresques romanes subsistent sur le cul-de-four.
内陣の下にはクリプトがあり、ここにも11世紀に遡るフレスコ画が残されているそうです。残念ながら現在は立ち入ることはできません。
La crypte (aujourd'hui inaccesible) sous le choeur du 11e siècle, conserve  égalament les fresques d'époque.
Les fresques romanes ont été  restaurées en 1852.  Les couleurs se sont légèrement estompées depuis.  Bien que ces travaux du 19e siècle aient beaucoup déterioré  les fresques, on peut distinguer encore une représentation peu frequente de l'apocalypse.
On voit le Christ en majesté  au centre, et au-dessous la Vierge  a  l'énfant dans une mandorle.  Au-dessus du Christ, l'Agneau Mystique dans un cercle.  Autour de ces éléments se préssent douze apôtres assis, des anges et des  élus.
Aujourd'hui les historiens pensent que cette peinture a servi de modèle pour les sculptures de la façade, en raison de la similarité  des attitudes et la composition.

Chapiteaux

堂内の柱頭彫刻は植物をモティーフとしていますが、ひとつ例外的に、「キリスト昇天」のシーンがあります。
内陣の柱頭彫刻は、古代ローマのコリント式のものから着想を得ています。これら内陣の柱頭彫刻に、「VAVSTER/ROTBERTUS」というサインが残っています。

Les chapiteaux sculptés de l'intérieur sont de motifs végétaux.  Une seule exception est le chapiteau hitorié  qui représente l'Ascension avec Christ debout dans une mandorle.
Les chapiteaux du choeur s'inspirent des chapiteaux corinthiens de l'antiquité romaine.  On y trouve la signature "VAVSTER/ROTBERTUS".

Déambulatoire

内陣を取り囲む周歩廊には、交差ヴォールトが架けられています。元来周歩廊は半円筒プランの3つの放射状祭室に面していましたが、現在は2つしか残っていません。もう一つ(南側にあったもの)は15世紀にChapelle sainte-Anne又はChapelle du Fouと呼ばれる祭室に建替えられました。これは祭室の中で最も大きい広さです。

Le déambulatoire qui entoure le choeur est voûté d'arêtes.  A l'origine, il ouvrait sur trois chapelles rayonnantes semi-circulaires.  Il en reste deux.  La troisième au sud a été remplacée par la chapelle sainte-Anne, dite "du Fou" du 15e siècle, qui est la plus grande parmi les chapelles.


現在、周歩廊には更に2つの個人の祭室があります。Chappelle Fume(北側)とChapelle de Torsay(北東)これらの祭室もまた、15世紀に建てられました。

De plus, aujourd'hui le déambulatoire donne sur deux autres chapelles privées : la chapelle Fume au nord et la chapelle de Torsay au nord-est.  Elles datent aussi du 15e siècle.