Balade dans l'Art Roman en France

●ポワティエ POITIERS 7 Poitiers 7
ポワティエ  Poitiers 7

コンテンツ Contenus

1
エグリーズ・ノートル・ダム・ラ・グランド Eglise Notre-Dame la Grande de Poitiers

2
エグリーズ・サン・ティレール・ル・グラン Eglise Saint-Hilaire le Grand de Poitiers

3
バティステール・サン・ジャン Baptistère Saint-Jean de Poitiers

4
エグリーズ・サント・ラドゴンド Eglise Sainte-Radegonde de Poitiers

5
エグリーズ・サン・ポルシェール Eglise Saint-Porchaire de Poitiers

6
アベイ・サン・ジャン・ド・モンティエールヌフ Abbaye Saint-Jean de Montierneuf de Poitiers

7
エグリーズ・サン・ジェルマン Eglise Saint-Germain de Poitiers

8
ミュゼ・サント・クロワ Musée Sainte-Croix

参考 Référencesとリンク Liens

アクセス Accès



エグリーズ・サン・ジェルマン
Eglise Saint-Germain de Poitiers

10世紀、ガロ・ロマンの共同浴場跡に、最初の教会堂が創建されました。6世紀のパリ司教サン・ジェルマンに捧げられた教会堂は、はじめはサン・ポール修道院に属していましたが、1083年にサン・ジャン・ド・モンティエールヌフ修道院に寄進され、モンティエール地区の教区教会になりました。
12世紀に教会堂は再建されます。これが現在の教会堂です。

Une  église a  été  fondée sur les vestiges de thermes gallo-romains au 10e siècle.  Dédiée  à  saint Germain, l'évêque de Paris du 6e siècle, elle a relevé  de l'abbaye Saint-Paul de Poitiers, puis elle a  été  donnée  à  l'abbaye Saint-Jean de Montierneuf de Potiers en 1083 : elle est devenue parossiale du bourg monastique de Montierneuf.
Au 12e siècle elle a  été  reconstruite : il s'agit de l'édifice actuel.
ポワティエのサン・ジェルマン教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に登録されています。

L'église Saint-Germain de Poitiers est inscrite au titre des monuments historiques (MH).

革命以降教会堂は転用され、1990年より、地方音楽院の講堂として利用されています。今日教会堂は、ヨーロッパ文化遺産の日にのみ開放されます。

Désaffectée  à  partir de la Révolution, elle abrite l'auditorium au Conservatoire de Région depuis 1990.  Aujourd'hui, l'église est ouverte au public uniquement lors des journées européennes du patrimoine.

Plan

教会堂は二身廊です。オジーヴ・ヴォールトで覆われた3ベイの身廊の北側にのみ側廊があります。トランセプトはなく、北側廊の東端に後陣祭室があります。

L'église est composée  de deux vaisseaux : la nef de trois travées voûtées d'ogives est flanquée d'un seul bas-côté  au nord.  Dépourvue de transept, elle possède une absidiole  à  l'extrémité  orientale du bas-côté  nord.


身廊の壁は12世紀に遡りますが、天井は15世紀に木造からオジーヴ・ヴォールトに建て替えられました。
北側廊は15世紀、おそらく教区の人口増加に伴い、建設されました。
身廊の2番目のベイの南側に位置するルネサンスの祭室は、ポワティエ市長ルネ・ベルトローにより1530年代に造られました。

Le mur de la nef date du 12e siècle, tandis que sa voûte d'ogives a remplacé  la charpente au 15e siècle.


Le bas-côté  nord a  été  ajouté  au même siècle, probablement pour répondre  à  l'augmentation de la population de la paroisse.
Une chapelle Renaissance sur le côté  sud de la deuxième travée de la nef, a  été  bâtie dans les années 1530 par René  Berthelot, maire de Poitiers.



Clocher

アンジュー風のゴシック・スタイルの四角形プランの鐘楼は、13世紀に遡ります。屋根の傾斜は片側のみです。

Le clocher carré  en style gothique angevin remonte au 13e siècle.  Sa couverture n'a qu'une seule pente.

Chevet

ロマネスク・スタイルの後陣は12世紀に遡ります。半円プランのアプスの北側に後陣祭室があります。

Le chevet de style roman date du 12e siècle.
L'abside hémicirculaire est flanquée d'une seule absidiole au nord.


Modillons et chapiteaux sculptés du chevet