Balade dans l'Art Roman en France

●スイヤック SOUILLAC Souillac
スイヤック  Souillac
先史時代より人類が居住していたとされるスイヤックは、その昔、Solius又はケルト風にSouilhと呼ばれていました。ロット県の北東部、ドルドーニュ川の辺に位置するこの土地は、古くより交通の要衝地でした。ローマの時代は小さなコミュニティでしたが、小修道院が建てられてから、その周りに街は発展を始め、11・12世紀に繁栄を迎えます。

コンテンツ Contenus

1
アベイ・サント・マリ− Abbaye Sainte-Marie de Souillac

2
エグリーズ・サン・マルタン Eglise Saint-Martin de Souillac

参考 Référencesとリンク Liens

アクセス Accès



アベイ・サント・マリー
Abbaye Sainte-Marie de Souillac

伝承では、修道院の創設は7世紀とされていますが、文書で修道院の存在を確認できるのは、909年です。ベネディクト会の修道士達がこの地に小修道院を創設しました。
現存のロマネスク様式の教会堂は、9世紀に遡るカロリング朝風の教会堂に置換えられるようにして、1075−1150年の間に建てられました。11・12世紀、この修道院は最盛期を迎えます。80以上もの教会と小修道院がこの修道院に属していました。
百年戦争時、修道院は何度も荒らされ、略奪され、修道院の建物は破壊されました。1525年に修道院は再建されます。
1573年にユグノーにより修道院の建物は破壊され、教会堂は略奪の憂き目に遭いました。この悲劇の後の修道院の建物と修道院教会の修復工事は、1712年に終わりました。

La légende attribue la fondation de l'abbaye au 7e siècle.  Néanmoins, l'existence de cette abbaye n'est avérée qu'en 909 : les moines bénédictins ont  établi ici un prieuré.
L'église actuelle de style roman, a été construite entre 1075 et 1150, en remplaçant l'église carolingienne du 9e siècle.  Aux 11e et 12e siècles, la prospérité  du monastère est  à  son apogée.  Plus de quatre-vingt  églises et prieurés en dépendaient.
La guerre de Cent Ans a plusieurs fois causé des dommages  à  l'abbaye.  Mais en 1525, l'abbaye a  été  reconstruite.
En 1573, les Huguenots ont détruit les bâtiments claustraux et saccagé  l'abbatiale.  La restauration des bâtiments conventuels et l'abbatiale, après cette tragédie, a achevé  en 1712.
スイヤックのサント・マリー修道院教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

L'abbaye Sainte-Marie de Souillac est classée au titre des monuments historiques (MH).

*1508年に小修道院は大修道院となります。1803年以降この修道院教会は、サン・マルタン教会に代わり、小教区教会になりました。

*La priuré a obtenu le statut d'abbaye en 1508.  A partir de 1803, elle est  église paroissiale en lieu et place de l'église Saint-Martin de Souillac.

修復工事が相次いで実施されたにもかかわらず、教会堂は、全体としての特徴はけして損われることなく、今日も見事に残されています。但し、中世の回廊は姿を消し、修道院の建物は1659年に完全に再建されました。有名な彫刻群は、教会堂内部に収容されています。  
Les restaurations successives n'ont pas détruit le caractère du bâtiment, qui a  été  admirablement conservé.  Toutefois, le cloître médieval a disparu et les bâtiments conventuels ont  été reconstruits en totalité après 1659.  Le célèbre ensemble des sculptures riches sont abrités dans l'intérieur.

■Extérieur


Tour-porche

教会堂の東端にある11世紀に遡るTour-porcheは、9世紀に存在していたカロリング朝風の最初の教会堂の唯一の遺跡で、高さは25メートルあります。中央には半円筒型の縦長の開口部があります。高い位置にあるモディロンを除き、装飾はありません。15世紀、宗教戦争後に、塔は2メートル高くされ、防備が施されました。また、Tour-porcheには13−15世紀の間、お墓がありました。
Portail nord

現存のTour-porcheの北側にある入り口は、18世紀に造られたものです。17世紀に教会堂内部に移された彫刻群は、かつてこの辺りを飾っていたものと思われます。
La tour-porche carolingienne,  élevée au 11e siècle, est un seul vestige de l'église primitive du 9e siècle, est haute de 25 m.  Elle est percée en centre d'une longue baie cintrée.  On ne peut pas admirer de décoration, sauf les modillons en haut.  Au 15e siècle, après la guerre de Cent Ans, la tour est surélevée de 2 m pour fortifier.  La tour-porche a abrité  une nécropole du 13e au 15e siècle.
Le portail nord actuel date du 18e siècle.  Les sculptures tranférées  a  l'intérieur en 17e siècle, devaient se placer autour d'ici.

ビザンティン風のロマネスクの教会堂は、ラテン十字のプランで、単身廊、トランセプトには後陣祭室があり、アプスには3つの放射状祭室があります。

L'église du style romano-byzantin se forme en croix latine avec nef unique, transept doté d'absidioles, et absides  à  trois chapelles rayonnantes.


Style romano-byzantin

このクーポルが並ぶビザンティン・スタイルのロマネスクの教会堂は、カオールのサン・テティエンヌ大聖堂ペリグーのサン・フロン大聖堂アングレームのサン・ピエール大聖堂等と類似しています。但しこの修道院教会の方が、クーポルの重量感はより軽減され、発展した造りとなっています。

Cette  église romane du style bizantin  à  file de coupoles, s'apparente  à  la cathédrale Saint-Etiennede Cahors, la cathédrale Saint-Front de Périgueux et la cathédrale Saint-Pierre d'Angoulême.  Mais cette abbatiale a des formes plus légères et plus  évoluées.

Flanc nord
バットレスで支えられた身廊には、半円筒型の開口部があります。

La nef soutenue par les contreforts, est percée de quelques baies en plein cintre.



Chevet

後陣は見どころのひとつで、各パーツが段状に積み重なる様子はドラマティックというより、うっとりするような美しさです
アプスの周りには、3つの多角形のプランの放射状祭室があります。また、トランセプトの各翼廊にひとつずつ、やはり多角形の後陣祭室がついています。
アプスと中央の放射状祭室は、円柱で支えられた半円筒型の小さな連続アーチで装飾されています。アプスは半円筒型の開口部がある2つの層に分けられ、コルニッシュで分けられています。
交差部のクーポルの頂には小さな塔が見えます。

Le chevet est une des parties plus admirables.  Son  étagement du chevet n'est pas dramatique, mais ravissant.
Autour de l'abside sont disposées trois chapelles rayonnantes polygonales.  Chaque croisillon ouvre sur une absidiole polygonale.
Les absidioles et la chapelle axiale présentent des arcatures en plein cintre, soutenues par des colonnes engagées.  L'abside présente deux niveaux de baies cintrées, séparés par une corniche.
On voit un petit lanternon sur la coupole de la croisée.





■Intérieur


Coupoles sur pendentifs
Nef

身廊のクーポルは頂まで高さ約24メートル、直径は約11メートルというサイズです。交差部のクーポルは卵型で最も高く、身廊のクーポルより1メートル高い造りです。
身廊は2ベイからなり、トランセプト交差部同様、天井はクーポルで覆われています。身廊から内陣までの長さは48メートルあります。
La nef comporte deux travées, coiffées de coupoles sur pendentifs, ainsi que la croisée du transept.  La longueur de la nef et du choeur est de 48 m.
Une coupole de la nef mesure environ 24 m de hauteur sous la clef de la coupole, et 11 m d'ouverture.  La coupole ovoïde de la croisée est plus profonde (7m50 au lieu de 6m50).
身廊のクーポルの下にはギャラリーがあります。両側壁は半円筒のアーケードで装飾されています。
A la base des coupoles de la nef se trouve une galerie circulaire.  Les murs sont décorés d'arcades aveugles en plein cintre.


Intérieur : portail ouest

教会堂の内部には、Tour-porcheの北側の入り口を飾っていたとされる彫刻群があります。この彫刻装飾は、タンパン、2つの彫像、中央柱、ピラスターといった5つに分けられます。ユグノーにより大きなダメージを与えられた入り口は、17世紀の修復作業の際に取り壊され、教会堂の内部に持ち込まれ、纏めて飾られました。

A l'intérieur de l'église, on découvre un ensemble sculpté, éléments qui devait se trouver au portail nord de la tour-porche.  Cet ensemble décoratif comprend cinq parties : tympan, deux statues, trumeau, et pilastre.  Le portail gravement endommagé par les Huguenots, a  été  démoli au 17e siècle au moment de la restauration.  Ses fragments conservés en ont  été  placés  à  l'intérieur de l'église.


入り口のエレメントはモワサックのサン・ピエール修道院教会を飾る彫刻との類似性から、1130又は1140年代に制作されたと考えられます。しかし、実際に設置されたのは、教会堂の西側の部分が完成する12世紀末又は13世紀初めのようです。

Les  éléments du portail, du fait de leur affinité  avec la sculpture de l'abbaye Saint-Pierre de Moissac, auraient  été  réalisés dans les années 1130 ou 1140, mais n'auraient  été  mis en place qu'à  la fin du 12e siècle ou au début du 13e siècle lors de la réalisation de l'élévation occidentale.


彫刻については、モワサックのサン・ピエール修道院教会とボーリューのサン・ピエール修道院教会との関連性が見られ、表現方法はラングドック地方、特にトゥールーズ派に特有のスタイルです。引き伸ばされたような長い身体のプロポーション、平面的な人物表現、といった特徴がみられます。

Sur la sculpture, on y retrouve une filiation  à  l'abbaye Saint-Pierrede Moissac et l'abbaye Saint-Pierre de Beaulieu-sur-Dordogne (Corrèze).  Le style est de l'école de sculpture languedocienne, nottamment toulousaine : proportion très allongées et modèle plat.


Tympan : Miracle de Théophile, entre saint Pierre et saint Benoît




1130年頃に制作されたタンパンは、「テオフィルの奇跡」を表現しています。助祭の職に就いていたテオフィルは、とある司教に会計係の仕事と財産を奪われ、悪魔に魂を売ります。しかし7年後彼は改悛して、聖母マリアにお願いして悪魔に渡した契約書を取り戻すというストーリーです。
尚、この「テオフィルの奇跡」は聖人伝ではなく、ある修道士が編んだ詩集にあった「お話」です。


Le tympan datant de 1130 environ, relate la légende de Théophile.  Le diacre Théophile, qui a  été  dépouillé sa charge de trésorier et ses biens par un  évêque, a vendu son  âme au diable.  Mais sept ans après, il se repent et prie la Vierge pour récupérer le phylactère donné  au diable.
"Le Miracle de Théophile" n'est pas une hagiographie, mais une légende figurée dans le recueil du moine poète.


両脇の人物は、杖と書物を手にしたサン・ブノワ(左)と鍵を手にしたサン・ピエールです。

Ces scènes sont encadrées par saint Benoît avec la crosse et le livre (à  gauche) et saint Pierre avec les clefs.


Deux statues


扉の両脇に、旧約聖書に登場する族長ヨセフ又は預言者オゼと、預言者イザヤの彫像があります。この二人は福音書又は聖書を象徴するそうです。


Les deux personnages encadrent la porte : le patriarche Joseph ou le prophète Osée  à  gauche, et le prophète Isaïe.  Ces deux personnes symboliseraient l'Evangile ou le Bible.
特にイザヤ像は傑作です。保存状態もとてもよいです。脚を交差させて踊っているかのようなイザヤのシルエットと衣服のドレープは、モワサックのサン・ピエール修道院教会を飾るエレミヤ像を想起させます。
Le statue du prophète Isaïe, très bien conservé, est notamment considéré comme une chef-d'oeuvre.  Sa silhouette dansante en croisant les jambes, et le drapé  du tunique, rappellent le statue du prophète Jérémie  à l'abbaye Saint-Pierre de Moissac.
個人的に、イザヤの肢体は、モワサックのエレミヤと同じくしなやかに表現されていますが、イザヤの顔の表情や手には荒々しさを感じます。
Personnellement, la position du corps est également souple  à  celle de Jérémie de Moissac, mais la mine et les mains d'Isaïe seraient présentés plus rudes.
Le patriarche Joseph ou le proohète Osée
Le prophete de Isaïe


Trumeau "Pilier de Souillac"

「スィヤックのピラー」と呼ばれる中央柱は、もうひとつの傑作で、これは原罪と贖罪を表していると読み取ることができるようです。この中央柱はモワサックのサン・ピエール修道院の中央柱から直接的にインスピレーションを受けています。
ピラーは右から左に向かってストーリーが綴られます。


Le trumeau "Pilier de Souillac" est autre chef-d'oeuvre, dont l'interprétation serait le péché et la conséquence du péché.  Il s'inspire directement de celui de l'abbaye Saint-Pierre deMoissac.
On doit observer ce pilier de droite  à  gauche.




Face : la conséquence du péché



正面は第2幕ですが、ここには原罪の次に起こったこと、すなわち原罪の帰結が描かれています。ここでは反抗、混乱、憎悪が表されています。空想の動物らが獲物に襲いかかり貪り喰っている様子と、餌食となった生物が落下している様子で象徴されています。
獣の残忍さが一貫して描かれているこの面は、人間と様々なモンスターが絡みあった素晴らしい組み合わせ模様を成しています。


La face, le 2e tableau, représente la suite du péché, ou la conséquence du péché, dans la révolte, le désordre, et la haine.  Tout cela paraît symbolisé  par la dégringolade d'êtres de proie entre les assauts et les voracité  des animaux fantastiques.
Ce tableau dans lequel la férocité  des bêtes domine toujours, forme un entrelacs extraordinaire de personnages et de monstres divers.



Côté droit : le péché

Côté gauche : la rédemption
右側には、老人と若者が対になった3つのペアが描かれています。彼らは絡み合い、争い、暴力を振るっています。これらは高慢、抑圧、現世欲といった3つの原罪を表しています。
左側面は、贖罪がアブラハムの燔祭(イサクの犠牲)によってあらわされています。イサクは父親の行為に身を委ねていますが、天から降りてきた1人の天使がアブラハムの腕をとり、代わりに生け贄とする雄羊を押しやっています。(神の子羊=キリスト)
Le 1er tableau  à  côté droit, on voit trois couples d'un vieillard et un jeune.  Ils se enlacent, se luttent et violentent.  Cela représente le péché : orgueil, oppression et concupiscence.
Le 3e tableau  à  côté  gauche, représente la rédemption du péché  par le sacrifice d'Abraham.  Isaac, front courbé, s'abandonne au geste paternal, mais un ange, tombé  du ciel, retient le bras d'Abraham et pousse un belier de substitution (Agneau de Dieu).


Pilastre ou "petit pilier"

南側の高い所には、ライオンと羊が交差して表現されたピラスターがあります。これもやはりモワサックのサン・ピエール修道院教会 Abbaye Saint-Pierre deMoissacの中央柱を想起させます。しかし動物達で雑然とした印象のスィヤックのピラーやピラスターの方が、モワサックの中央柱より生命力に溢れ、ダイナミックな印象です。

En haut du sud, un pilastre sculpté  représente des lions et des béliers entrecroisés.  Il rappelle aussi le trumeau de l'abbaye Saint-Pierre de Moissac : le trumeau et le pilastre de Souillac, encombrés des animaux, sont plus vivants et dynamiques que le trumeau de Moissac.

Transept / croisillon sud

トランセプトは尖頭型のヴォールトで覆われています。1841年、トランセプトは高くされました。両翼廊にはそれぞれ多角形プランに建つ後陣祭室があります。この2つの後陣祭室は1573年宗教戦争時に破壊されましたが、1848年に再建されました。

Le transept est voûté en berceau brisé.  En 1841 le transept a  été  surélevé.  Chaque bras ouvre sur une absidiole polygonale.  Ces deux absidioles, détruits en 1573 lors de la guerres de Religions, ont  été  reconstruites en 1848.



Chapelles rayonnantes
内陣に面した放射状祭室が3つあり、尖頭型のアーチで隔てられています。18世紀に修復され、中央の放射状祭室が一番大きい造りになっていますが、いずれの祭室もとても小さいです。
Choeur

Le choeur s'ouvre sur trois chapelles rayonnantes par des arcs brisés.  La chapelle axiale est la plus grande.  Toutes les chapelles restaurées au 18e siècle, sont petites quand même.
内陣の天井はセミ・ドームで覆われており、下側には半円筒型の開口部があります。とても幸福感に満ちた空間です。

Le choeur est voûté  en cul-de-four avec des baies percées  à  sa base.  C'est un espace très heureux.


■Intérieur : chapiteaux
内部では植物と動物をモティーフとした柱頭彫刻が見られます。トランセプトより東側に多く見られます。
On peut observer des chapiteaux sculptés  à  motifs végeétaux et animaux, surtout  à  l'est.
Veilleurs sortant de feuillages




Jeunes gens jouant avec des monstres

Daniel aux lions


Intérieur : traces des fresques


玄関廊にはフレスコ画の断片が幾つか見られ、これらは別の場所から移されたと考えられていますが、そもそもどこを飾っていたものかは特定できていません。



Le narthex présente des fragments des fresques.  Ils ont pu être déplacés, mais le manque d'information empêche d'attester l'endroit où ils décoraient originellement.

Le mode de ces peintures, réalisées dans le milieu du 12e siècle, rappelle les fresques de l'abbaye Saint-Savin-et-Saint-Cyprien de Saint-Savin-sur-Gartempe.





エグリーズ・サン・マルタン
Eglise Saint-Martin de Souillac

サント・マリー修道院のすぐ傍に位置するサン・マルタン教会は、フランス革命まではスイヤックの教区教会でした。ロマネスクの時代の教会堂については、12世紀に遡るタンパンが残されているほかは、未だヴェールに包まれています。
現存の教会堂は、ユグノーによる被害を受けた後、15世紀末と16世紀初めに再建された時のもので、17世紀に手を加えられて/改造・改築されています。オジーヴ・ヴォールトで覆われた単身廊の教会堂で、張り出したトランセプトがあります。

L'église Saint-Martin, qui se situe tout près de l'abbaye Sainte-Marie de Souillac, a  été  l'église paroissiale de Souillac jusqu'à  la Révolution.  Il n'y a aucun renseignement sur l'église romane, toutefois il subsiste le tympan sculpté  du 12e siècle.
L'église actuelle, après le ravage par les Huguenots, reconstruite  à  la fin du 15e et au début du 16e siècle, remaniée au 17e siècle, possède une nef unique voûtée d'ogives et un transept saillant.
スイヤックのサン・マルタン教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

L'église Saint-Martin de Souillac est classée au titre des monuments historiques (MH).

ファサードの鐘楼は、宗教戦争の時に崩れ落ちたままの姿を晒しています。その物悲しくも力強い姿に深く感動しました。
La tour-clocher qui a subi de grande dommage pendant la guerres de Religion, reste ruinée.  Son apparence triste mais  puissante, m'a profondément  ému.

Tympan : le Christ en majesté

12世紀半ばに制作されたこのタンパンは、「栄光のキリスト」を中心にその脇に聖母マリアとサン・マルタンがいます。両端の天使は、一体だけ残っています。

Ce tympan datant du milieu du 12e siècle, représente le Christ en majesté  entre la Vierge et saint Martin.  Deux anges qui encadraient ces personnages, un seul a  été  conservé.


全体として、カオールのサン・テティエンヌ大聖堂を飾るタンパンとの類似がみられます。

La ressemblance avec tympan de la cathédrale Saint-Etienne de Cahors marque dans l'ensemble.



アプスは建替えられ、今日オフィス・ド・トゥーリズムのデスクがあります。また身廊は展示場として利用されています。

Aujourd'hui l'office du tourisme se sert du bâtiment qui a remplacé  l'abside.  Et la nef est réemployée comme salle d'exposition.





 参考 Références

♦Souillac à la découverte de notre patrimoine religieux (guide)

♦Souillac abbatiale sainte marie (guide)

♦Chemins de l'art roman en Midi-Pyrénées  Claude Ribéra-PervilléEditions OUEST-FRANCE

※ウェブサイトについては、「関連・参考リンク」のページを参照して下さい。 Sur les sites d'internet, référez-vous la page "Liens".

 リンク Liens

Office de tourisme de la Valée de Dordogne http://www.vallee-dordogne.com/la-vallee-de-la-dordogne/les-villages/souillac

Souillac sur Dordogne http://www.souillac-sur-dordogne.fr/

Lot-46.com http://www.lot-46.com/

Vallées LOT DORDOGNE http://www.tourisme-lot.com/



 アクセス Accès

♦SNCFブリーヴ・ラ・ガイヤルド駅 Gare de Brive-la-Gaillardeから、スイヤック駅 Gare de Souilllacまで、Interciés又はTERで、約30分。

♦SNCFトゥールーズ・マタビオ駅 Gare de Toulouse Matabiauから、スイヤック駅まで、Interciés又はTERで、約2時間10分。

スイヤックの街は、歩いてまわることができます。