Balade dans l'Art Roman en France

●ヌヴェール NEVERS 1 Nevers 1
ヌヴェール  Nevers 1
ヌヴェールは歴史ある街で、カエサルの時代に既に街の名が登場します。ニエーヴル県の、そしてニヴェルネー地方の中心地で、ガロ・ロマン時代の遺跡が残る一方、中世のモニュメントも多数残されています。映画「Hiroshima Mon Amour(ヒロシマ・モナムール)」のロケが行われた街です。

コンテンツ Contenus

1
エグリーズ・サン・テティエンヌ Eglise Saint-Etienne de Nevers

2
カテドラル・サン・シル・エ・サント・ジュリット Cathédrale Saint-Cyr-et-Sainte-Julitte de Nevers

参考 Référencesとリンク Liens

その他の街の見どころ Autres points  à voir

アクセス Accès



エグリーズ・サン・テティエンヌ
Eglise Saint-Etienne de Nevers

610年、アイルランド人修道士コロンバンが、修道院を創設したようです。しかし建物の劣化と外敵の侵入による破壊行為で、修道院は凋落します。修道院教会は1053年に大火事により破壊されました。
1063年、ヌヴェール司教は修道院の再建を決定し、工事はヌヴェール伯によってすぐに開始されます。1068年、修道院はクリュニー会の小修道院となり、1097年に教会堂は聖別されました。建設は、ファサードの前にナルテックスを追加して、12世紀に完成しました。
1420年、火災により修道院の建物が破壊されます。フランス革命後、1802年に教会堂は教区教会になります。1850から1950年の間には、数々の修復工事が実施されましたが、建物全体から醸し出される一体感とハーモニーは損なわれていません。

En 610, Colomban, moine irlandais, aurait fondé l'abbaye  à  l'extérieur de la ville.  Après la dégradation des bâtiments et les déstructions par l'invasion, l'abbaye a décliné.  L'abbatiale aurait  été  détruite par un grand feu en 1053.
En 1063, l'évêque de Nevers a decidé  de reconstruire l'abbaye.  Les travaux ont rapidement commencé, sur l'initiative du comte de Nevers.  En 1068, l'abbaye est devenue prieuré  clunisienne, et l'église a  été  consacrée en 1097.  La construction s'est achevée au 12e siècle par l'adjonction d'un narthex devant la façade.
En 1420, un incendie a détruit les batiments conventuels.  Après la Révolution, l'église est devenue paroissiale en 1802.  Malgré  plusieurs restaurations effectuées de 1850  à  1950, la grande homogénéité  et harmonie qui se dégagent de l'ensemble, ne sont pas détruites.
ヌヴェールのサン・テティエンヌ教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

L'église Saint-Etienne de Nevers est classée au titre des monuments historiques (MH).

この教会堂は、大きく変化することなく、そのオリジナルの姿を残す、珍しい11世紀に遡る教会堂です。この教会堂では、トリビューン、ダイアフラム・アーチ、ミトラ型の連続アーチ等といった、オーヴェルニュの影響が見られます。
C'est une  église rare datant du 11e siècle, qui conserve sa pureté  primitive sans alteration majeure, malgré  les restaurations.  On y remarque l'influences auvergnate aux trivunes, arc diaphragmes, aux arcatures en mitre, etc..

Extérieur

Façade

ファサードはロマネスクの時代の状態からは程遠く、飾り気がなく重量感があります。
ファサードにある四角形プランの2つの鐘楼は、1083年には既に完成しており、フランス革命時1792年に破壊されました。今日では塔の土台部分のみしか残っていません。

La façade est loin de sont  état  à  l'époque romane, et nous donne l'impréssion un aspect massif et lourd.
Deux clochers romans de plan carré, qui surmontent la façade,
ont  été  déjà  élevés en 1083, et détruits  à  la Révolution en 1792.  Il ne subsiste que aujourd'hui, les bases des tours.


1171年以前に建てられたロマネスクのナルテックスが、ファサードの手前にありましたが、これは1792年に破壊されました。

Le narthex roman, construit avant 1171, précedait la façade.  Il a  été  démoli en 1792.
教会堂は高品質は切石で建てられました。ファサードの上部は19世紀に手が加えられていますが、下の壁では、ほぼ完璧にカットされた石の合間の目地は殆ど見えません。

L'église a  été  construite en pierres de tailles de haute qualité.  La partie haute de la façade  été  remaniée au 19e siècle, mais notamment sur les murs bas de la façade, on y voit peu de joints entre les pierres, taillés presque parfaits.


高い部分にある三葉のアーチがみえる3つの開口部は、ロマネスクで、装飾された小円柱に挟まれ、やはりロマネスクの時代に遡るペディメントを戴いています。3つ連続したミトラ型アーチがある開口部は、19世紀に付け加えられたものです。

Les trois baies trilobées en haut, flanquées des colonnettes décorées, restent romanes, et supportent un fronton roman.  La grande baie au triplet avec ses arcs en mitre a  été  ajouté  à  l'époque moderne/19e siècle.



Portail

ロマネスクの入り口は、12世紀に遡るようです(後、修復されています)。これは6本の一本石で出来た円柱で挟まれていて、円柱の丸い柱頭には、百合の花などが描かれていました。ヴシュールは蜂の巣のような模様があります。
かつてこの入り口には、「栄光のキリスト」を表わしたタンパンと、「東方三博士の礼拝」を表わしたリンテルがありました。

Le portail roman date probablement du 12e siècle, mais restauré.  Il est encadré  de six colonnes monolithes.  Leurs chapiteaux ronds et nus ont  été  peints  à  l'origine.  Trois voussures sont décorées de claveaux alvéoles.
Autrefois ce portail a possédé  un tympan sculpté  du Christ en Majesté, ainsi qu'un linteau représentant l'Adoration des Mages.

Croisillon nord

翼廊では窓が2列に並んでいます。下の列は半円筒型の2つの開口部があり、その上に5つの連続したアーチの下に3つの開口部があります。この連続アーチは、3つが半円筒型で2つがミトラ型をしていて、柱頭彫刻がある6本の円柱からのびています。これはニヴェルネーやオーヴェルニュでは珍しい装飾です。
頂には、オクルスが見えます。

Les croisillons ont deux  étages de fenêtres.  Le premier  étage de deux baies en plein cintre, est surmonté du dexième de trois baies sous cinq arcades.  Ces arcades sont constituée de trois arc en plein cintre et deux en mitre, et reposent sur six colonnettes  à  chapiteaux sculptés.  C'est la décoration rare dans les  églises en Nivernais et en Auvergne.
L'oculus cerné  d'un cordon de bilettes, se trouve au sommet du pignon.



Clocher

トランセプト交差部上には鐘楼があります。鐘楼は1083年には既に建てられていました。ここには現在、長方形プランの土台部分と八角形の最初の層が見えます。この鐘楼の上層は、ファサードの鐘楼同様、1792年に破壊されました。

Le clocher, qui a  été  déjà  élevé  en 1083, surmonte la croisée du transept.  On y voit aujoud'hui le soubassement rectangulaire et le premier  étage octogonale décoré  d'arcatures et de colonnettes.  Ses  étages supérieurs ont  été  démolis en 1792, ainsi que deux clochers de la façade.
Chevet

放射状祭室、後陣祭室、周歩廊、アプス、そして鐘楼で構成される後陣は、素晴らしいハーモニーを醸し出しています。数多くのモディロンが、屋根のコルニッシュを強調しています。中央の放射状祭室とトランセプトの後陣祭室には、平らなバットレスがあり、両脇の放射状祭室には円柱のバットレスがあります。アプスの開口部の上には、20もの連続したアーチが見えます。
南東の放射状祭室と南翼廊の後陣祭室は、ロマネスク時の状態で1910年に再建されました。また、後陣の石には、石工職人達のサインをあらわす刻印が残っています。


L'étagement des chapelles rayonnantes, du déambulatoire, de l'abside et du clocher, montre une grande harmonie.  De nombreux modillons sculptés soulignent les corniches des toitures.  La chapelle axiale et les absidioles du transept ont des contreforts plats, bien que les deux autres chapelles rayonnantes possedent des contreforts-colonnes.  Au-dessus des baies de l'abside, on remarque une serié de vingt arcatures sur petites colonnettes.
La chapelle rayonnante sud-est et l'absidiole sud ont  été  reconstituées en 1910 dans leur  état roman.  Sur certaines pierres du chevet, il reste les marques sculptées des tailleurs de pierres, appelé.e "signe lapidaire".


Flanc sud

教会堂の南側廊に、13世紀に遡る回廊の北ギャラリーの跡が残ります。
1420年、教会堂の南側にあった、共同寝室や医務室等の修道院の建物は火災で破壊されました。これらは一部1646年と18世紀に再建されています。

On trouve les vestiges du galerie nord du cloître du 13e siècle, contre le bas-côté sud de l'église.
En 1420, un incendie a détruit les batiments conventuels (un dortoir, une infirmerie, et.), qui se trouvaient au côté sud de l'église.  Ils sont partiellement reconstruits en 1646 et au 18e siècle.


Modillons


後陣のコルニッシュをモディロン彫刻が飾っています。モディロン彫刻には、空想の動物の姿もあり、モンスター、角が生えた悪魔、狼、豚、馬、鳥、人面のフクロウ等が見られます。タツノオトシゴもあるそうです。その他のモディロンはバラ模様、ヘリンボーン、パール模様、縄編み模様、唐草模様等です。

Les modillons sculptés présentant le béstiaire fantastiques et des motifs végétaux et géométriques, décorent les corniches.  On y trouve des monstres, des diables aux têtes cornues, un loup, un porc, un cheval, un oiseau, une chouette  à  visage humain, des hippocampes, etc..  D'autres modillons sont décorés de rosaces, chevrons, losanges, perles, torsades, roues dentées ou rinceaux.





Intérieur

教会堂は1068年以降短期間で建設され、1090年頃には大部分が完成していました。
教会堂は三身廊からなるラテン十字のプランで、これは建設時より変更されていません。また、放射状祭室がある周歩廊に囲まれた内陣をもつこの教会堂のプランは、フランスにおけるロマネスクの大巡礼教会堂のひとつのモデルでもあります。

Cette  église a  été construite d'un seul jet,  à  partir de 1068, largement complété  vers 1090.
Elle offre le plan en croix latine avec trois nef, qui n'est pas modifié  depuis sa construction au 11e siècle.  Son plan avec choeur entouré d'un déambulatoire  à  trois chapelles rayonnantes, présente un modèle des grandes  églises romanes de pèlerinage en France.


Nef


身廊は1080−1090年代に遡り、6ベイからなり、天井は半円筒型のヴォールトで覆われています。天井の高さは18メートルもあります。
この身廊の巨大なヴォリュームを実現させているのは、トリビューンのおかげです。

La nef datant des années 1080-1090, est composée de six travées, et voûtée  en berceau.  Sa voûte est soutenue par des doubleaux reposant sur des colonnes engagées.  L'élévation  à  trois  étage, culmine  à  18 m sous la voûte.
C'est la tribune, qui permet cette vaste volume de la nef.



Elévation

縦構造は3層になっています。
身廊と側廊を繋ぐ半円筒型の大アーケードの上に、トリビューンが見えます。トリビューンはオーヴェルニュで見られるエレメントです。ここでは大きなアーチの下に、2つ一組の連続したアーケードと、中央の一本石の円柱が見えます。トリビューンは1/4ヴォールトで覆われ(但し西側は交差ヴォールト)、身廊の巨大なヴォールトを支えています。上層には高窓が並び、1ベイ毎に1つの開口部があります。

L'élévation est  à  trois  étages.
Au-dessus de grandes arcades à double rouleau en plein cintre, retombant sur des piliers carrés, flanqués des colonnes, qui font communiquer la nef avec les bas-côtés, les tribunes se trouvent.  La tribune est un  élément archiectural qu'on retrouve en Auvergne.  On y voit une arcade géminée avec colonne monolithe centrale sous un large arc. Elles sont couverts de la voûte de demi-berceaux sur doubleaux au sud et nord (mais, de la voûte d'arêtes  à  l'ouest), qui soutien la grande voûte de la nef.  A l'étage supérieur, les fenêtres hautes s'alignent, une par travée.


この教会堂は、側廊の上にトリビューンがある、ブルゴーニュにおいて唯一の教会堂です。オーヴェルニュのロマネスク教会堂にもトリビューンは見られますが、3層目はありません。

C'est la seule  église en Bourgogne que ses bas-côtés sont surmontés de tribunes.  Dans les grandes  églises auvergnates, on retrouve les tribunes, mais sans le troisième  étage.


この特徴的な三層からなる構造は、ロマネスク建築における進化のひとつです。この教会堂の縦構造は、クリュニーのサン・ピエール・エ・サンポール修道院教会(クリュニーIII)、オータンのサン・ラザール大聖堂パレ・ル・モニアルのサクレ・クール大聖堂ボーヌのノートル・ダム大聖堂ソーリューのサン・タンドッシュ大聖堂といったクリュニー系の11世紀末と12世紀に建設された大教会堂に影響を及ぼしました。

La structure caractéristique sur trois niveaux est une des  évolutions dans l'architecture romane.  L'élévation de cette l'église a influencé  les grandes  église de la fin du 11e et du 12e siècle, comme les  églises clunisiennes de l'abbatiale Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Cluny (Cluny III), de la cathédrale Saint-Lazare d'Autun, de la basilique Sacré-Coeur de  Paray-le-Monial, de la basilique Notre-Dame de Beaune ou de la basilique Saint-Andoche de Saulieu.

Bas-côté nord

側廊は交差ヴォールトで、上にはトリビューンがあります。

Les bas-côtés sont voutés d'arêtes sur doubleaux et surmontés de tribunes.



Croisée / Coupole sur trompes
トランセプト交差部はダイアフラム・アーチに挟まれていて、トロンプ技法による八角形のクーポルに覆われています。クーポルの下に4つの半円筒型のアーチがあります。

La croisée du transept, entre les arcs diaphragmes, est couverte d'une coupole octogonale sur trompes qui surmonte quatre arcs  à  double rouleau en plein cintre et des piliers  à  colonnes engagees.

Transept / Croisillon sud

トランセプトは半円筒ヴォールトで覆われています。他のクリュニー系の教会堂に見られるように、トランセプトは外に大きく張り出していますが(トランセプトの長さは33.45メートル)、天井は身廊より低いです。

南北の2ベイからなる翼廊には、それぞれ3つの開口部がある東向きの後陣祭室があります。

翼廊の壁には、3つ一組の連続アーチが見えます。外側同様、ミトラ型のアーチがありますが、この内部では、ミトラ型アーチは3つのアーチの中央に位置しています。
1974年、考古学調査が交差部の下で実施されました。この時、3つのメロヴィング朝時代の石棺と、サン・コロンバンを表現したモザイクの破片が見つかりました。

En 1974, des fouilles archéologiques sont faites sous la croisée.  On a trouvé  trois sarcophages mérovingiens et des fragments de mosaïques, représentant saint Colomban.

Le transept est voûté  en berceau.  Le transept de 33,45 m de longueur, est très saillant, mais sa hauteur est inférieure  à  celle de la nef, comme d'autres  églises clunisiennes
Chaque croisillon de deux travées, a une absidiole orientée  en cul-de-four avec trois baies.
Les murs des croisillons presentent une arcature triple sur colonnettes.  Comme  à  l'extérieur, on y trouve l'arc en mitre, mais ici, au centre des trois arcatures.


Arc diaphragme


ダイアフラム・アーチが、各翼廊を2つのベイに分けています。ここには5つの連続したアーチが見えます。ブルゴーニュでこのオーヴェルニュ風のアーチが見られるのは、この教会堂のみです。
ダイアフラム・アーチは、マッシフ・セントラルの大教会堂にあるMassif barlong (トランセプトの上に平行に設置される長方形プランの箱形の構造部で、鐘楼はその上に聳えます)の中に見られますが、この教会堂にはMassif barlongはありません。

Les arcs diaphragmes en plein cintre divisent chaque croisillon en deux.  On y voit cinq arcatures sur colonnettes.  Ces arcs auvegnats sont uniques en Bourgogne.
L'arc diapgragme apparaît dans le massif barlong des grandes  églises du Massif Central, mais  à  Nevers, on ne retrouve pas de massif barlong.


尚、ダイアフラム・アーチとは、石造ヴォールトや木造天井の下にある横断アーチのことで、上にスペースを仕切る小さな壁があります。

Un arc diaphragme est un arc transversal sous une voûte ou une charpente surmonté  d'un muret de refend, qui coupe l'espace du transept.

Choeur

周歩廊に囲まれた内陣はトランセプトと同じ高さですが、縦構造は異なります。内陣とアプスは身廊のように3層からなりますが、トリビューンはありません。
Rond-pointでは、5つの連続した半円筒型のアーチは縦に長くなっています。大アーケードの上には、トリフォリウムがあります。ここは2つ一組の小さなアーチからなります。最上層には、5つの開口部があります。天井はセミ・ドームです。

Le choeur entouré  d'un déambulatoire, est de la même hauteur que le transept, mais l'élévation est différente.  Le choeur d'une travée et l'abside montrent trois  étages comme la nef, mais sans les tribunes.
Au rond-point, cinq arcades en plein cintre reposant sur six colonnes, sont surhaussées.  Les grandes arcades sont surmontées d'un triforium aveugle.  Il se compose de petites arcatures géminées avec des colonnettes et des pilastres.  A l'étage supérieur, cinq baies  à  colonnettes monolithes, se trouvent sous le cul-de-four.


主祭壇はロマネスクの時代に遡ります。

L'autel dans le choeur remonte à  l'époque roman.



Chapiteau
この教会堂の柱頭はシンプルです。身廊の大半の柱頭は、滑らかに整えられたコルベイルに、元来彩色が施されていました。周歩廊と放射状祭室の柱頭彫刻は、植物モティーフで、パルメット、組み合わせ模様やヘリンボーン模様、鱗模様、縦縞等を伴っています。
Déambulatoire

周歩廊は交差ヴォールトで覆われています。周歩廊では幾つかの柱頭彫刻が見られます。また周歩廊には、4つの開口部があります。
周歩廊に面している3つの放射状祭室は、トランセプトの後陣祭室より少しより深く造られていて、3つの開口部があります。南の放射状祭室は、トランセプトの後陣祭室同様、1910年に再建されました。

Les chapiteaux de cette  église sont simples.  La plupart des chapiteaux de la nef, sont  épannelés et leurs corbeilles lissés  étaient peints  à  l'origine.  Les chapiteaux sculptés du déambulatoire et des chapelles rayonnantes, présentent le décor végétal avec palmettes, entrelacs, chevrons  écailles, stries, feuilles d'eau, etc..
Le déambulatoire est voûté d'arêtes sans doubleaux, où  quelques chapiteaux sont sculptés.  Il est pénétré de quatre baies.
Trois chapelles rayonnantes qui ouvrent sur le déambulatoire, sont un peu plus profondes que les absidioles du transept, et possèdent trois baies.  La chapelle rayonnante sud a  été  reconstituée, en 1910 comme l'absidiole sud.