Balade dans l'Art Roman en France

●スヴィニー SOUVIGNY 1 Souvigny
スヴィニー  Souvigny 1
スヴィニーは、ボカージュ・ブルボネーと呼ばれる林地の中心にあり、ヌヴェールとクレルモン・フェランの間に位置します。11世紀には「Salviniacum」と呼ばれていたスヴィニーは、かつてブルボネ-(現在のアリエ県の一部とシェール県の南東部)の中心地でした。
この街の歴史はクリュニー修道院と密接な関係があります。中世の時代には、2人のクリュニー大修道院長が埋葬されたことから、スヴィニーは重要な巡礼地となりました。そしてフランス王家のブルボン家と縁が深いことも、スヴィニーの街の発展に大きく関係しています。

コンテンツ Contenus

1
プリウレ・サン・ピエール・エ・サン・ポール PrieuréSaint-Pierre-et-Saint-Paul de Souvigny

2
ミュゼ・ド・スヴィニー Musée de Souvigny

参考 Référencesとリンク Liens

その他の街の見どころ Autre points  à voir

アクセス Accès



プリウレ・サン・ピエール・エ・サン・ポール
Prieuré Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Souvigny

916年、ブルボン家の始祖であるアデマールは、クリュニー修道会にスヴィニーの一部の領地を寄進します。すぐにクリュニーの修道士達により、小さな教会堂が建てられます。
マイヨールとオディロン(4・5代目)の2人のクリュニー大修道院長がここで亡くなり、それぞれ994年、1049年に埋葬されました。そこで小修道院は巡礼の地となります。
教会堂は11・12世紀と15世紀に大きくその姿を変えます。まず11・12世紀に、カロリング朝風の教会堂は、巡礼者の増加に鑑み、クリュニーVをモデルとしたロマネスクの教会堂に再建され、15世紀には拡張されゴシックの様相となりました。現存の教会堂は5身廊で、トランセプトが2つあります。
教会堂はフランス革命後教区教会となりました。

En 916, Aymar (ou Aimard), premier ancêtre des Bourbons, a fait don  à  l'abbaye de Cluny de ses terres de Souvigny.  Alors une petite  église y a été construite par des moines clunisiens.
Deux abbés de Cluny, Mayeul et Odilon, y sont morts et enterrés en 994 et 1049 : le monastère est devenu un lieu de pèlerinage.
Le prieuré  a transformé du 11e au 12e siècle, et 15e siècle.  D'abord au 11e et 12e siècle, en raison de l'afflux des pèlerins, l'église carolingienne a  été  reconstruite en style roman, sur le modèle de Cluny III.  Et puis, au 15e siècle, elle a  été  élargie avec l'aspect gothique.  L'église actuelle est de cinq nefs et de deux transepts, qui ne sont pas saillis.
Après la Révolution, l'église est devenue paroissiale.
スヴィニーのサン・ピエール・エ・サンポール小修道院教会は、「フランス歴史的記念物(Monuments Historiques/MH)」に指定されています。

Le prieuré Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Souuvigny est classé au titre des monuments historiques (MH).





En 2003, le prieuré  Saint-Pierre-et- Saint-Paul est proclamé  Grand Sanctuaire roman d'Auvergne et le chemin de Saint-Jacques renové.

Instauré  depuis 2016, le grand pèlerinage de Souvigny a valu  à  son prieuré  d'être reconnue Sanctuailre de la Paix en 2017.  Le Pèerinage de la Paix a lieu chaque premier dimanche de mai.

スヴィニーの小修道院教会は、ブルボネー最大の宗教建築物です。
12世紀末、重さ32キロ、400枚からなる「スヴィニーの聖書」と呼ばれる写本が製作されました。これは1793年以来ムーランの図書館にて保管されています。

Ce prieuré  est le plus grand édifice religieux du Boubonnais.
La "Bible de Souvigny" de 400 feuillets et de 32 kg, a  été  réalisée au 12e siècle.  Elle est conservée  au bibliothèque de Moulins depuis 1793.


Extérieur
Façade

11世紀、新たなロマネスクのファサードが建てられます。入り口の上のサン・ミシェル礼拝堂、2つの鐘楼はこの時代に遡ります。
更に15世紀、ファサードはゴシック・スタイルで再建されました。

Au 11e siècle, une nouvelle façade romane a  été  édifiée.  La chapelle Saint-Michel au-dessus du portail, et deux clochers remontent  à  cette  époque.
De nouveau, au 15e siècle, la façade a  été  reconstruite en style gothique.


Vue du nord du clocher nord


南北2つの鐘楼はロマネスクの時代に遡ります。

Deux clochers romans datent du 12e siècle.


入り口の裏に11世紀に遡る前室がありましたが、これは15世紀に壊されました。また、北側の鐘楼を安定させるため、15世紀にコーナーにバットレスが付け足されました。

L'avant-nef de la fin du 11e siècle derrière le portail, a  été détruit au 15e siècle.  Et au même siècle, un contrefort d'angle a  été  ajouté  pour stabiliser le clocher nord.

領地の寄進のおかげで、スヴィニーの小修道院は、ラ・シャリテ・シュル・ロワールのノートル・ダム小修道院教会と同じく、クリュニーの娘修道院となります。最盛期を迎えていた1150年頃、小修道院はその下に8つの小修道院、50の教会堂、18の礼拝堂を束ねていました。
Flanc nord
教会堂はおよそ長さ85メートル、幅28メートルというサイズです。
L'église mesure 85 m de long et 28 m de large environ.
Grâce  à  la donation du terre, le prieuré de Souvigny est devenu une des cinq " filles ainées" de Cluny, ainsi le prieuré Notre-Damede la Charité-sur-Loire.  Vers 1150,  à  l'apogée de son histoire, le prieuré  a compté sous sa dépendance huit petits monastères, cinquante  églises et dix-huit chapelles.


Porterie

門楼は1516年のボローニャ政教条約を受けて建てられました。この門楼は小修道院長館に通じていました。この建物にはカルトゥーシュで装飾された四角形のプランの塔があり、上にはドームを戴いています。
17世紀に修復されています。

La porterie a  été  élevée  à  la suite du Concordat de Bologne en 1516.  Elle permettait d'accéder au logis du prieur commendataire.  Ce monument surmonte d'une tour carrée, décorée d'un cartouche, et coiffée d'un dôme.
Elle a  été  restaurée en 17e siècle.







Intérieur
Nef

身廊は12世紀に遡りますが、高い部分は15世紀に再建されています。ゴシックのヴォールトの高さは17メートルにのぼります。半円筒型の大アーケードの上には、各ベイ毎に開口部がひとつずつあります。
身廊は2006-2008年に修復されています。

La nef date du 12e siècle, mais la partie haute a  été  reconctruite au 15e siècle.  La voûte gothique atteint 17 m.  Sur les grandes arcades en berceau, une baie se trouve par travée.
La nef a  été  restaurée entre 2006 et 2008.


現存の教会堂は5身廊です。
カロリング朝の教会堂は、木造天井で覆われた単身廊でした。11世紀、3身廊となります。(この時天井は石造ヴォールトになりました。)更に12世紀、既存の側廊の外側に更なる側廊が建てられ、教会堂は5身廊となりました。

L'église actuelle est de cinq nefs.  A l'origine, l'église carolingienne avait  été  de la nef unique couverte en charpente.  Au 11e siècle, elle est devenue trois nef.  (A cette époque, la nef a  été  voûtée.)  Et puis, au 12e siècle, la construction des bas-côtés neufs aux bouts, a réalisé  le cinq nef.


また、身廊と側廊は2009年にオリジナルの状態と同じようにあらたに色塗られました。

Les peintures jaunes et beige de la nef et les bas-côté, sont refaites en 2009, d'après les couleurs d'origine.



Double bas-côté:  à côté de la nef centrale

Double bas-côté :  au bout nord
12世紀の拡張工事の後、側廊は二重になりました。身廊側のロマネスクの側廊は狭く、11世紀末に遡ります。
側壁には連続アーチの装飾があり、アーチの起点となる柱頭に彫刻が施されています。外側の両側廊は12世紀に建てられました。
L'agrandissement de l'église du 12e siècle, a réaliseé  les double bas-côtés.  Les bas-côtés romans  à  côté  de la nef centrale sont plus  étroits, et datent de la fin du 11e siècle.
Les murs latéraux sont décorés d'arcatures, dont les chapiteaux supposant les arcs, sont aussi sculptés.  Les bas-côtés aux bouts ont  été  batis au 12e siècle.


Gisants de deux saints abbés : Mayeul et Odilon

身廊の中央に、1225年頃に制作されたマイヨールとオディロンの横臥像があります。

Les gisants de deux abbés, saints Mayeul et Odilon, datant de 1225 environ, se trouvent au centre de la nef.


2001-2002年の発掘作業で、フランス革命時に破壊されたマイヨールとオディロンの墓所が発見されました。この時メロヴィング朝時代の石棺も見つかりましたが、この中に11世紀末に2人の聖遺骨が一緒におさめられたのでした。
横臥像は、2144にものぼる破片を繋ぎ合わせて修復されました。

Les fouilles entre 2001 et 2002, les sépultures de Mayeul et Odilon, vandalisées lors de la Révolution, ont  été  mis au jours, ainsi que le sarcophage mérovingien, dans lequel les restes de deux abbés avaient  été  réunis  à  la fin du 11e siècle.
Leurs gisants ont  été  recomposés  à  partir de 2144 morceaux retouvés.

横臥像の下は地下納骨所になっています。1095年、2人の大修道院長の聖遺骨は地下から身廊の内陣前に移送されました。

13世紀に建てられた霊廟もまた、フランス革命時に破壊されました。これは2008年に修復されています。

Le caveau se trouve au-dessous des gisants.  En 1095, les reliques de deux abbés ont  été  transférés du sous-sol  à  la nef devant le choeur.

Leur mausolée construite au 13e siècle, a  été  aussi détruite  à la Révolution, mais reconstruite en 2008.


Peinture murale : saint Laurent

Retable
サン・ローランの壁画は15世紀に遡ります。彼の殉教のシンボルである金網が描かれています。
「聖母マリアの無原罪の御宿り」を表現した祭壇飾りは1524年に制作されました。下には手を合わせた聖母マリアが、上に父なる神が描かれています。これはフランス革命時に損傷を受けました。
La peinture murale de saint Laurent, identifiable grâce au gril qui symbolise son martyre, date du 15e siècle.

Le retable de l'Immaculée Conception de 1524, se dresse dans la partie haute de la nef : en bas, la Vierge Marie debout les mains jointes, et en haut, Dieu de Père.  Il a  été  détérioré  à  la Révolution.

Transept / croisillon sud

12世紀の拡張工事により、トランセプトは二重になりました。

Les travaux de l'agrandissement du 12e siècle, ont réalisé le double transept, qui n'est pas sailli.


南翼廊には、1444年に制作された開き戸式の聖遺物入れがあります。これは石造でフランボワイヤン様式の彫刻装飾が施されており、5メートルも高さがあります。パネルにマイヨールとオディロンの胸像が描かれています。15世紀以降フランス革命までは、この中に彼らの上半身がおさめられていました。

Au croisillon sud, on trouve l'armoire reliquaire datant de 1444.  Elle est en pierre sculptée,  à  décor flamboyant, et monte  à  5 m.  Deux saints abbés, Mayeul et Odion, sont peints aux panneaux.  A partir du 15e siècle jusqu'à  la Révolution, cette armoire a abrité  leurs bustes reliquaires.
Armoire reliquaire

Croisée du transept

トランセプト交差部には、17世紀に制作された木製の主祭壇が置かれています。

A la croisée des transepts, se dresse un maître-autel en bois du 17e siècle.


主祭壇の背後には聖職者席があります。ここは教会堂が拡張される以前は、内陣でした。かつて修道士達は、この場所で日に凡そ6時間も祈りの歌を歌っていました。

Derrière le maître-autel, les stalles se trouvent.  Ici, c'était le choeur de l'ancienne  église.  Autrefois, les moines chantaient, ici, l'office monastique près de six heures par jour.



Chapelle vieille

Chapelle neuve
シェペル・ヴィエイユは1375年に建てられました。この祭室は12世紀に遡る南翼廊の下に位置します。そのようなわけでここではミトラ型の連続アーチやロマネスク時代の柱頭が見られます。
祭室の中央には霊廟があり、ブルボン家のルイ2世とその妻オーヴェルニュのアン・ドーフィネの遺骸がおさめられています。この祭室は2014-2015年の間に修復されています。

シャペル・ヌーヴは、ブルボン家のシャルル1世とその妻ブルゴーニュのアニェスの遺骸をおさめるために1448-1456年の間に建てられました。教会堂の北東に位置し、ここではフランボワイヤン様式の構造が見られます。
La chapelle neuve a réalisé en 1448-1456 pour recevoir le corps du Charles Ier de Bourbon et sa femme Agnes de Bourgogne.  Elle se situe au nord-est de l'église, et on y trouve le structure gothique flamboyant.
La chapelle vieille a  été  construite en 1375.  Elle est située sous le croisillon sud du 12e siècle.  On y voit des arcades en mitre, et des chapiteaux romans.
Le mausolée, qui est au milieu de la chapelle, abrite les corps de Louis II de Bourbon et de sa femme Anne Dauphiné  d'Auvergne.  Cette chapelle a  été  restaurée entre 2014 et 2015.



Déambulatoire
Choeur

12世紀半ばに建てられた周歩廊は、15世紀に再び手が入りました。やはり12世紀に遡る3つの放射状祭室に面していて、そこではロマネスク時代の連続アーチと、ゴシックのヴォールトがみられます。
現在の内陣は12世紀に遡ります。高い部分は15世紀に再建されています。

Le choeur actuel remonte au 12e siècle, dont la partie haute a  été  reconstruite au 15e siècle.
Le déambulatoire construit au milieu du 12e siècle, a  été  remanié  au 15e siècle.  Il ouvre sur trois chapelles rayonnantes,  également datant du 12e siècle, où  on retrouve les arcatures romanes et les voûtes gothiques.  

Chapiteaux sculptés

柱頭彫刻には、ブルゴーニュとベリーの影響が見られます。
数多くある柱頭彫刻のうち、最も有名なものは、貨幣を鋳造する人々を表したものです。スヴィニーの修道院は、貨幣鋳造の特権を与えられていました。ここには貨幣の鋳造、計量、袋に詰める様子が描かれています。

Les chapiteaux sculptés sont d'influence bourguignonne et berrichonne.
Parmi eux, le plus célèbre est celui des monnayeurs.  Le prieuré  a eu le privilège de battre de monnaie.  On y trouve de différentes scènes : la frappe des pièce, la pesée, et la mise en sac.








Chapiteaux aux murs des bas-côtés nord


Cloître

15世紀、ロマネスクの回廊はゴシックのそれに建替えられました。今日では西ギャラリーが残るのみです。
回廊には隣接するミュゼ・ド・スヴィニーからアクセスします。

Au 15e siècle, le cloître gothique a remplacé  celui de l'époque romane.  Aujourd'hui, il ne reste que les cinq travées de la galerie ouest.
Ce cloître est accesible du musée de Souvigny.